成功できる・成功できない社会保険労務の違い

成功できる社会保険労務士と成功できない社会保険労務士の一番の違いを一言で言うと、 商売としての感覚の差です。

社会保険労務士に限らず、弁護士、税理士などのいわゆる士業の先生方の多くは
士業を特別な仕事と捕らえ、商売的な感覚が弱いと感じます。

しかし、士業も他の小売店や外食産業と同様に、普通の商売です。
ただ、商品が法律というサービスを提供するだけの違いです。

そうしたことを理解していないので、
独立して看板を立ち上げれば自然と顧客が集まってくるとか、
名刺交換をしたり、ホームページを作ったりすれば、
簡単に顧客が獲得できると思い込んでいます。

しかし、それではいつになっても稼ぐ事はできなく、
廃業するのは目に見えています。

あくまでも資格というのは、その分野で仕事をするための権利を得ただけに過ぎません。
稼ぐと言う行為は資格そのものではなく、商売という分野になってきます。
つまり、資格=稼ぐとはならないのです。
まずはそこを理解し、商売という感覚を強くもってほしいと思います。

例えば、自分の責める分野はどこで、その分野の競合はどうなのか?とか、
どのメディアで集客し、その戦略はどうするのかと言ったような事です。

そこさえしっかりと持っていれば、
社会保険労務士は非常に稼ぎやすい仕事なので、
年収は1000万円を越える事はそれほど難しいことではありません。

ここで近年成功している社会保険労務士を見てみると、
インターネットを上手く活用しています。

インターネットは、チラシ、新聞、電車の広告に比べ、
はるかに安い費用で 集客できるので、効率的に顧客を集められます。

ただ、先ほど説明したようにただ単にホームページを作るだけでは人は集まりません。

どうすれば多くの人にホームページを見てもらえるのか?
どういった企業をターゲットにするのか?
どんなサービスを強調するのかなど、しっかりと戦略を練る事が必要です。

士業の方たちは、いくら商売感覚が足りないといっても、
最近インターネットを上手く活用している方も増えているので、
競合が多くなっています。

ただ、それでも資金があまりなくても十分に戦えるメディアである事には間違いありません。

ですから、社会保険労務士としての勉強をしていく事も大切ですが、
それと同じくらい商売の勉強をしていく事も必要になるのです。
そのことは絶対に忘れないで下さい。