社会保険労務士の開業後の平均年収

完全に社会保険労務士が独立した平均年収かは定かではありませんが、
厚生労働省の調査では、社会保険労務士の平均年収は、760万円とされています。
この数字は、国家資格の中でも5番目に高い年収で、 歯科医師よりも高くなります。

そして、実際に760円はおろか、1,000万円プレイヤーも珍しくありません。
多い人なら3,000万円を超える人もいると聞きます。

しかし、平均年収というのは、あくまでも平均で、
数字の目安にはなりません。

というのも今の日本の年収の構造は、上下の差が激しくなっています。
その証拠に日本の平均所得は減っていても、
2,000万円を超える方は 逆に増えているのです。

そして、その事は社会保険労務士とて例外ではありません。

つまり、社会保険労務士として独立しても平均年収を下回るか、
それ以上になるかと言う事です。

ですから、平均年収が高くても760万円くらい稼げると
勘違いしないで下さい。

それでは社会保険労務士として独立して、どのくらい稼げるかと言うことになりますが、
それはわかりません。
1,000万円以上稼げるかもしれませんし、100万円くらいしか稼げなくて、
廃業する可能性もあります。

しかし、それはどんな仕事でも同じです。
はじめからいくら稼げるとか、答えがわかっていることにしか行動できないようでは、
人よりも大きく稼ぐ事はできませんし、安定した年収を稼ぐ事も出来ません。

安い給料で長時間働き、いつリストラされるかわからない、
いつ会社が倒産するかわからい恐怖に怯えながら仕事をしていく会社員の生活を歩む事になります。
しかも面倒な人間関係をしていく必要もあります。

しかし、社会保険労務士として独立すれば、
自分のペースで自分の思うように仕事ができるので、
年収だけではなく、精神的にもゆとりを持って仕事が出来ます。

ですので、社会保険労務士として独立する価値は十分にあると思います。