社会保険労務士開業の現実

社会保険労務士になって独立したら華やかな生活が待っていると思っている方がいます。
確かに年収3,000万円以上稼ぎ、順風満帆な生活をしている人も沢山いますし、
あなたもそうなる可能性が十分にあります。
社会保険労務士は、そうした魅力がある資格です。

しかし、現実はそう上手くいかないケースも多々あります。
社会保険労務士に独立したての頃は、顧客が中々捕まらず、収入が安定しません。
中には年収100万円と言うケースもあり、貯金を切り崩して生活している人もいます。

また、社会保険労務士の顧客は企業が多いので、
個人のように簡単に獲得できません。

ですから、華やかな生活している社会保険労務士がいる一方で、
苦労している社会保険労務士もいるのです。

しかし、冒頭でも説明したように、社会保険労務士は成功者が多い事実もあります。
社会保険労務士は、顧客を獲得するのは簡単ではありませんが、
一度顧客を獲得できれば顧問契約を結ぶケースが多いので、
毎月の収入が安定します。

また、現在の社会保険労務士は企業の労務管理のコンサルタントとしての仕事が多く、
コンサルタント料は1つの仕事で、
100万円を超えるものも少なくありません。

そして、そうした仕事をしている社会保険労務士は、 ベテランとは限らず、
若手の社会保険労務士でも活躍しています。

つまり、経験とか独立の年数とかは関係なく、
社会保険労務士は十分に稼ぐ事が出来ますし、
そうした社会保険労務士も沢山います。

後は、どうすれば社会保険労務士として成功できるのか、
その考え方を学ばなければいけません。

これは社会保険労務士に限らず、全ての仕事に言えることですが、
成功している人は成功するだけの考え方を持っていて、
それを実行しています。

逆に成功できない人は、大衆的な考え方しかできないので、成功できでないのです。
次のページで成功できる社会保険労務士とそうでない社会保険労務士の違いを説明しますが、
あなたがもし現状上手くいっていないようなら、今の考え方を改めて下さい。

そして、大衆的に物事を考えているようなら、
社会保険労務士はおろかどんな仕事をしてもうまく行きません。
一生虐げる人生を送ることになるのです。